PRODRONE

NEWS

ドローンによる動画データの完全秘匿中継技術を開発

2017年3月22日
リリース

株式会社プロドローン(代表取締役社長: 河野 雅一)は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の佐々木雅英 主管研究員を中心とする量子ICT先端開発センターと共同で、撮影ドローンが写した動画データを、中継ドローンを介して、電波が直接届かない場所であるカバレッジホールまで完全秘匿化したまま、無線局免許不要の市販Wi-Fi機器を用いて伝送する技術を開発しました。

データ欠損が頻繁に生じるドローン通信において、カメラ映像を低遅延かつ安全に中継伝送するため、データ欠損の検知と効率的な鍵同期フレーム構造を開発し、真性乱数を用いたワンタイムパッド暗号による完全秘匿データ中継を可能にして、屋外フィールド実験と屋内実験によって実証しました。

撮影・中継ドローンを複数機配置すれば、さらに、高秘匿ネットワークを広域、かつ即座に提供することができるようになるため、今後は、重要施設の監視などの用途に広く活用できると期待されます。

詳細につきましてはNICTの発表資料をご参照下さい。
https://www.nict.go.jp/press/2017/03/22-1.html